クラビットの成分レボフロキサシンは、どのような作用があるのでしょうか?殺菌の働き方を知っておきましょう。

クラビットについて知っておこう

クラビットの成分は?

クラビットのジェネリック

クラビット購入方法

性感染症の基礎知識

性感染症の種類

クラミジアとは?

性病治療薬の通販

クラビットの成分レボフロキサシン

クラミジアを始め、様々な性感染症や、それ以外にも様々な症状に有効なクラビットですが、主成分レボフロキサシンはどのような効果があるのでしょうか。

レボフロキサシンは、ニューキノロン系合成抗菌薬と呼ばれる種類の薬です。レボフロキサシン以外にはトスフロキサシン、ノルフロキサシンがあります。細菌の増殖に必要なタンパク質の元になる核酸の生成を阻害する事ができ、細菌を殺菌する働きがあります。旧来の抗菌薬に比べ強い抗菌力を持っている為、各種感染症に有効的な効果を示します。感染症、特に細菌に有効とされ、尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科の感染症など様々な感染症に効果があります。

細菌とは、一つの細胞から成り立っている生命体です。細胞分裂を行う事で増殖しますが、これを行う為には、DNAの複製が必要になります。細菌にはDNAを複製する際に必須とする酵素があり、このひとつに「DNAジャイレース」というものがあります。DNAは、二本の鎖から出来ていて、二重螺旋構造をしています。そして真直ぐではなく、ねじれやひずみを持っています。この構造を切断する事で捩れを解消させて、DNAを読み取り易くさせる酵素がDNAジャイレースなのです。

DNAジャイレースを阻害すると、細菌はDNAの合成が出来なくなります。これにより細胞分裂が抑制されて、細菌を死滅させる事が出来ます。このような考えによって、DNA合成に必要な酵素を阻害する事で細菌感染症を治療する薬がクラビットなのです。

服用は、1日1回水やぬるま湯で服用します。クラビットは副作用は少ないとされていますが、下痢、吐き気、発疹などがあります。また、光線過敏症があらわれる場合もあり、直射日光にあたると肌が赤くなったり、水ぶくれになってしまう場合もあります。服用している際にはなるべく肌は露出しないようにしましょう。

妊娠中の方、子供、アレルギーのある方は服用出来ません。60歳以上の方は医師に相談するのをお勧めします。その他、病気や服用薬のある方は、服用前に医師に確認するようにしましょう。

性感染症の基礎知識