HIV以外にも性感染症には様々な種類があります。クラビットなどの治療薬で早めに治療しましょう。

クラビットについて知っておこう

クラビットの成分は?

クラビットのジェネリック

クラビット購入方法

性感染症の基礎知識

性感染症の種類

クラミジアとは?

性病治療薬の通販

性感染症の種類

HIVを始め、性感染症には様々な種類があります。自覚症状が全くないか、あっても軽度のものである場合も多い為放置してしまい勝ちですが、自然治癒する事はほぼありません。放置すると男性も女性も不妊症の原因になったり、他の感染症に感染し易くなるというリスクがあります。現在はクラビットなど、服用だけで治療できる有効な薬もありますので、すぐに対処しましょう。

クラミジア

世界で最も多い性感染症で、クラミジア・トラコマティスというウイルスです。性的な接触で、性器、喉、口、目などの粘膜に感染します。初期症状であればクラビットやジスロマックの服用で完治します。

淋病

淋菌という細菌が、性的な接触により感染します。薬の服用で治療ができますが、薬の効かない菌が増加しているので、注意が必要です。クラミジアを併発し易い病気でもあります。

HIV

感染しても10年程度は自覚症状がありません。免疫システムが破壊されていき、様々な感染症や悪性腫瘍にかかってしまいます。早期治療すれば、数十年にわたって発症を抑える事が出来ます。必ずしも死に至るわけではありませんが、気になる方は少しでも早く検査、治療をしましょう。

性器ヘルペス

水泡などができます。最初はかなりの痛みを伴い、一度発症すると、それ以降もストレスや疲れなどで再発し易い病気です。現代の医学では、病原菌を完全に体から消すことはできないと言われています。

梅毒

梅毒トレポネーマという細菌が原因で、性器、口、肛門などの感染した部分に、小豆大の痛みのない赤いシコリができます。梅毒トレポネーマに対する抗体は、一度感染すると一生陰性化することはありません。陽性になる前にしっかり治療する必要があります。

尖形コンジローマ

ヒトパピローマウイルスの病原体の繁殖生体から長い期間を経て性器癌となる可能性があります。イボのような症状が発生します。再発し易いので、1、2年程度は定期的な検診が必要です。

膣カンジタ炎

カビの一種であるカンジダ菌が、性的な接触により感染します。性交以外に自然発症的に症状が現れる場合もあります。炎症を起こして強いかゆみを感じます。

性感染症の基礎知識